ヴァン ドゥ フランス

Vin De France


以下のワイナリーはヴァン ドゥ フランス産のワインを生産しています。


ドメーヌ ティエリー ナヴァール

ドメーヌはラングドックの南部、有名なアペラシオン;サン・シニアンに位置しています。ワインの世界では例外的な存在とされ、今ではもう無くなってしまったぶどうを味わえるのはナヴァールのお陰なのです。 テロワール 12ヘクタールの土壌は茶色の結晶片岩で、周りを背の低い地中海独特の樹木やタイム、ガリグに囲まれています。ぶどうは自然や地球とそのサイクルを尊重して育てられています。 ぶどう AOPサン・シニアンのワインは、グルナッシュ・カリニャン・サンソーとシラーのぶどう品種ですが、今では殆ど忘れ去られたウィヤード(サンソーに近い品種)や リベランクといった品種も見られます。リベランクは最も古いワイン品種のひとつでフィロキセラ禍以前からラングドックに存在していました。 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ゼリグ・キャラバン

ゼリジは、ブドウ畑がモロッコの陶製タイルのモザイクのよう  な地 形から来ています。キャラヴは外国人のたまり場(絹やスパイス 貿易の際の道すがらの宿屋)からきています。ゼルジ-キャラヴ のリュックとマリーは1999年にラングドック地方のセヴェンヌ山脈の麓 にある小さな村、コルコンヌに3ヘクタールのブドウ栽培を始めまし た。ゼリジ-キャラヴは所有者と言う第二のキャリアと同様に次の 夢を実現させています。それは、リュック・ミシェルの妻であるマ リーは画家としてのキャリアを積んでいるので、自分の家族の 繋がりをワインの中に持たせたい、と言うこと。(そこで、ドメーヌ のドラマティックな他に類をみない、ラベルを描くことを任せること にしました。)今日 ...

詳細を読む »

ルスタル・ブラン

Claude Fonquerleはワインに関連する様々な仕事や、ぶどう栽培における経験を重ねた後、生まれ故郷の地、ラングドック地方ミネルヴァのラ リヴィニエールで2002年にドメーヌを設立しました。 テロワール 8 haのぶどう畑はカルカッソンヌとナルボンヌの間に位置しています。地中海から離れており、理想的なエコシステムの恩恵を受けています。ラ リヴィニエールには、ぶどうの病気は存在しません。ただし、ぶどうの成長時期に厳重に注意しなければならないのは‘うどんこ病’ですが、パウダー状の硫黄を用いた処置で完全に防ぐことができます。 ワイン醸造 手摘みでの収穫の後、伝統的な手法で醸造が行われます。プリマドンナには、コンクリート製ではなく500Lの大 ...

詳細を読む »

プロ・ルカレル

その冒険はまるでおとぎ話のように始まりました:ある時、小さなぶどう畑のカリニャンの古木がミツバチの巣箱に変えられようとするまさにその時... プロ ルカレルとはオキシタン語で小さな岩の台地を意味します。若く情熱的なふたりのワインメーカー:Julia Hubrich(旧東ドイツ出身)とJulien Gilが経営しています。ドメーヌは中世の城塞都市カルカソンヌから数キロ離れた、ピレネー山脈に近い場所にあります。 気候 畑は地中海性気候と海洋性気候が交差する地域に位置しています。異なるタイプの気流の影響で例外的な条件の下でぶどうが生育します。 土壌 大洋の影響下では、カベルネソーヴィニヨンは複雑性と力強さをワインにもたらします。砂岩と泥灰土で育ったカリニャン ...

詳細を読む »