ラングドック ブラン


以下のワイナリーはラングドック ブラン産のワインを生産しています。


クロ・デュ・セル

Sébastien Fillon氏は、Louire地方出身で、エンジニアとして働いていました。30歳で転職をし、ワイン生産者となり、2006年にSébastienとその妻の BéatriceでTerrasses du Larzacのアペラシオンにある比較的新しいDomaine le Clos du Serresを購入。‘Serres’はプロヴァンスの方言で「丘」を意味します。この昼間と夜の温度差が大きいことによって、ブドウはゆっくりと熟成し、コンプレックスさと酸を増してい。Clos du Serresは果実味とフレッシュさを生かしたワイン造りをしている。 テロワール  「多様で、乾燥し ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ル・コント・デ・フロリス

エステート ル コント デ フロリスは 2000 年に設立された約 7.5 ヘクタールの小さなエステートです。 5.3 ヘクタールが赤ワイン用のぶどう、2.2 ヘクター ルが白ワイン用のぶどう、主にカリニャン ブランが栽 培されています。 畑でもセラーでも化学薬品は一切使用しておら ず、二酸化硫黄と酵母の使用は最小限にとどめ ています。  ダニエルとカトリーヌ ル コント デ フロリス コンピューターサイエンスの教授職の後、 "La Revue du Vin de France" (RVF)というワイン専門雑誌で編集長のア シスタントを 4 年務め、ワインの熱烈な愛 好者であるダニエルはボーニュ(ブルゴーニ ュ地方)での研修を終え、200 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・サン・シルヴェストル

ソフィーとヴァンサン・ギザールはアニアンヌ村の北、アペラシオン テラス・デュ・ラルザックの標高320メートルを超える地域に8ヘクタールの畑を所有しぶどうを栽培しています。森の中の小さな礼拝堂(12世紀に建立、ローマ様式)を取り囲むように3区画の畑が存在します。 テロワール ヴァンサンは2000年に荒地の開墾を始めました。シャトーヌフ・デュ・パプのように丸石が転がる土壌で南東向きなので、シラー・グルナッシュ・ムールヴェードルの栽培には最適です。 ぶどう畑では 彼らは自然環境に気を配り、自然を尊重しながらぶどうを栽培しています。 ワインの醸造 赤ワインは伝統的な方法で醸造し、自生酵母を使用します。品種毎・畑毎に醸造。タンクで30~40日間寝かせた後、古い木樽に移 ...

詳細を読む »