コート デュ ラングドック


以下のワイナリーはコート デュ ラングドック産のワインを生産しています。


シャトー ペシゥ ルドン

“私は自分自身がラ クラプによって作られたと感じることが好きです。テロワールの力が私に謙虚でいることを教えてくれました。テロワールが全てを決め、その特徴を表現します。ワインメーカーは自然が与えてくれるものを一所懸命磨き上げようと努力する一人の職人に過ぎません。年が経つにつれ静謐さを身につけ、次第に、自分を取り巻く自然を尊重しなければならないと思うようになりました。そうして分かったことが、<自然を大切にしないということは、自分自身をも大切にしていない>ということです。そこで化学物質の使用をやめオーガニック農法へと切り替えたのです。今では自然公園に指定されている地域の真ん中にあるワイナリーにとっては当然の帰結でした。オーガニック農法の実践により土壌はよみがえり、ワインにバラ ...

詳細を読む »

ドメーヌ・アラン・シャバノン

ドメーヌは1992年に創立され、2002年にオーガニック、2011年にバイオダイナミック農業をスタートさせました。 今日では17ヘクタールのぶどう畑を所有し、26年間で2,000本から55,000本へと生産量を伸ばしています。 テロワール トータルで17ヘクタールの農地は区画が5つの村に散在しており、そのおかげで様々な微気候と変化に富んだ土壌の恩恵を受けています。 <私のワインに対するヴィジョンは2つの言葉に集約できます― 繊細かつ上品な味わい。 他とは異なるワイン、真の個性を持つワインを追い求めているのです。 世界トップレベルのワインに匹敵し、極上の料理を引き立たせることのできるワインです。> ぶどう畑では ぶどう畑全体がバイオダイナミック農業の原 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・デュ・パ・ドゥ・レスカレット

ル・パ・ド・レスカレットはラルザック高原の地中海平野に隣 接しています。地中海の暖かさと北の山々の涼しさ の間にあるので、カリニヤン、グルナッシュ、シラーにとって理 想的な気候となっております。長い熟成期間を設け ることでバランスと酸を維持し続けます。ジュリアン・ゼル ノットとデルフィーヌ・ロッシーは2003年にワイナリーを手に入れ ました。彼はロワール渓谷のワイン醸造のコンサルティングと しての地位を確立しておりました。ジュリアンとデルフィー ヌは伝統的な方法でこの古い農園を耕作しています。 彼らはブドウの木への配慮から化学肥料を使わず 手作業で進めています。北斜面の石灰石の農園で 地中海の気候を取り入れてフレッシュさを最大限に引 き出します。荒々しい地 ...

詳細を読む »

Domaine Julien Pilon

ローヌ流域で生まれ育ったジュリアン ピロンはMas Amiel (ルシヨン)、Terra Remonta (スペイン) 、 Jean Pierre Villa (ローヌ)といった有名なワイナリーで、10年以上をかけてワインの醸造を学びました。彼は2010年にワイン造りを始めた際、自身について土地を持たないワインメーカーと称しました。 “私のファーストヴィンテージの経験は忘れられないでしょう。ワインを造る場所や蔵が無く自分で両親の所有するガレージの真ん中に設置したのですから” ぶどう畑では 彼はネゴシアンとしてスタートし、ワインに必要なぶどうを非常に注意深く選んできました。その後1.5ヘクタールのぶどう畑から始め現在は自ら所有して ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ル・コント・デ・フロリス

エステート ル コント デ フロリスは 2000 年に設立された約 7.5 ヘクタールの小さなエステートです。 5.3 ヘクタールが赤ワイン用のぶどう、2.2 ヘクター ルが白ワイン用のぶどう、主にカリニャン ブランが栽 培されています。 畑でもセラーでも化学薬品は一切使用しておら ず、二酸化硫黄と酵母の使用は最小限にとどめ ています。  ダニエルとカトリーヌ ル コント デ フロリス コンピューターサイエンスの教授職の後、 "La Revue du Vin de France" (RVF)というワイン専門雑誌で編集長のア シスタントを 4 年務め、ワインの熱烈な愛 好者であるダニエルはボーニュ(ブルゴーニ ュ地方)での研修を終え、200 ...

詳細を読む »

ル クロ デ サントネール

このドメーヌのプロジェクトは二人のワインメーカー(Luc Baudet と Bruno François)の出会いから始まりました。 テロワール ドメーヌが所有する7ヘクタールの畑は丘側にあり、土壌はヴィラフランシアン期の丸みのある小石です。 気候 ぶどう畑は自然保護地域である“Petite Camargue”から2キロに位置し、地中海からは20キロも離れていません。このロケーションのお陰で温暖な安定した気候となっています。ふたつの気流が交互に影響します。北からはミストラル、南南西からは温暖な風が吹くために夏の暑さが和らぎ、ぶどうの熟成がゆっくりと進行します。 農法 土は草に自然に覆われており、必要に応じ ...

詳細を読む »