サン シニアン


以下のワイナリーはサン シニアン産のワインを生産しています。


ドメーヌ・シュバリエ

Domaine Chevalierは、1850年にLadoix-Serrigny の完全な家族経営で引き継がれています。す べてのブドウ畑(Ladoix, Aloxe-Corton villages, Premier Cru, Grands Crus Corton-Charlemagne, Corton Le Rognet)は、Cote de Beauneに位置し ています。 Claude氏は1994年の父親の代から 素晴らしい緻密なワイン造りを受け継ぎいていま す。彼の娘であるChloe女史とJulie女史は現在 、彼を手助けしています。Claudeはまた、ブル ゴーニュ地方のワイン生産者協会の会長で もあります。すべての生産者が直面する環境 に優しく、適 ...

詳細を読む »

Domaine Decelle - Villa

オリヴィエ ドゥセルとピエール‐ジャン ヴィラ(コート ロティ、サン-ジョゼフそしてコンドリューでワイン造りを手掛ける才能溢れる若者達)は、ニュイ‐サン‐ジョルジュの歴史的建造物(1880年)にセラーを構えました。
彼らの所有する5ヘクタールに広がるぶどう畑はブルゴーニュ ブラン、ブルゴーニュ ルージュと
サヴィニー レ ボーヌのアペラシオンを持ち、また、ブルゴーニュ最良の区画から収穫されてくるぶどうも選別して使用しています。

Domaine Julien Pilon

ローヌ流域で生まれ育ったジュリアン ピロンはMas Amiel (ルシヨン)、Terra Remonta (スペイン) 、 Jean Pierre Villa (ローヌ)といった有名なワイナリーで、10年以上をかけてワインの醸造を学びました。彼は2010年にワイン造りを始めた際、自身について土地を持たないワインメーカーと称しました。 “私のファーストヴィンテージの経験は忘れられないでしょう。ワインを造る場所や蔵が無く自分で両親の所有するガレージの真ん中に設置したのですから” ぶどう畑では 彼はネゴシアンとしてスタートし、ワインに必要なぶどうを非常に注意深く選んできました。その後1.5ヘクタールのぶどう畑から始め現在は自ら所有して ...

詳細を読む »

ドメーヌ・デ・ゾンディーヌ

ドメーヌは2003年に創立され、ローヌ峡谷の南部サリアンガリグ台地に位置しています。57.5アールの土地には4つの異なるアペラシオンが存在し、ヴァケラスの3色(白・赤・ロゼ)が含まれます。2009年、正式にオーガニック農業の認定を受けました。 テロワール 7アールの土地は粘土質石灰岩で岩が多く、グルナッシュが十分にその特徴を表現できる土壌です。 ぶどう 2002年と2005年に最初の白ぶどうが植えられ、今では高品質のヴァケラスの白ワインが生産されています。日本で入手するのはかなり困難な状況です。ワイナリーではグルナッシュ(50%)、シラー(30%)を中心に、サンソー、ムールヴェードル、ルーサンヌ、ブールブラン、ヴィオニエ、グルナッシュ・ブラン、クラレットも栽 ...

詳細を読む »

Domaine Thierry Navarre

ドメーヌはラングドックの南部、有名なアペラシオン;サン・シニアンに位置しています。ワインの世界では例外的な存在とされ、今ではもう無くなってしまったぶどうを味わえるのはナヴァールのお陰なのです。 テロワール 12ヘクタールの土壌は茶色の結晶片岩で、周りを背の低い地中海独特の樹木やタイム、ガリグに囲まれています。ぶどうは自然や地球とそのサイクルを尊重して育てられています。 ぶどう AOPサン・シニアンのワインは、グルナッシュ・カリニャン・サンソーとシラーのぶどう品種ですが、今では殆ど忘れ去られたウィヤード(サンソーに近い品種)や リベランクといった品種も見られます。リベランクは最も古いワイン品種のひとつでフィロキセラ禍以前からラングドックに存在していました。 ...

詳細を読む »

マス・シャンパー

Isabelle Champartと夫の MaBhieu1976年北フランス から St. Chinianにやってきました。彼らのワイナリー は8ヘクタールに立つ小さな小屋からスタートし、1988年 まではブドウを売却していただけでしたが、今では 16ヘクタールになってきました。かれらは絶妙な味わ いで、ピュアな素晴らしいワインを送り出していま す。シャンパールはムルヴェードルの好む険しい 崖、300メートルの台地に育つシラーやカリニャンからフルー ティかつアニマルやミネラル感を持ちながらエレガントなワ インとなっています。