ヴェデペ エロー


以下のワイナリーはヴェデペ エロー産のワインを生産しています。


クロ・デュ・レリュ

集計22ヘクタールは30種のプロットに広がる;クロ・ドゥ・レルは、botrytizedされたシュナン・ブランの甘いスタイルで有名なchaume村の近くに位置する。2008年に、クロ・ドゥ・レルは、ワインに対して情熱を注いでいた起業家Grégoire du Bouëxicと様々な世界のセラーで働いた農業エンジニア Thomas Carsinによって購入された。Thomasは、バイオダイナミクスを用いた実験を継続してクロ・ドゥ・レルを有機的に耕作する。アンジュ赤の種類(例えばカベルネ・フランなど)は暖かくてより乾いた環境に、ガメイとグロは、伝統的なシュナン・ブランに沿って広く栽培される。ほとんどの赤ワインは、クラスター発酵で、自然な酵母だけが使用される ...

詳細を読む »

ドメーヌ・デュ・パ・ドゥ・レスカレット

ル・パ・ド・レスカレットはラルザック高原の地中海平野に隣 接しています。地中海の暖かさと北の山々の涼しさ の間にあるので、カリニヤン、グルナッシュ、シラーにとって理 想的な気候となっております。長い熟成期間を設け ることでバランスと酸を維持し続けます。ジュリアン・ゼル ノットとデルフィーヌ・ロッシーは2003年にワイナリーを手に入れ ました。彼はロワール渓谷のワイン醸造のコンサルティングと しての地位を確立しておりました。ジュリアンとデルフィー ヌは伝統的な方法でこの古い農園を耕作しています。 彼らはブドウの木への配慮から化学肥料を使わず 手作業で進めています。北斜面の石灰石の農園で 地中海の気候を取り入れてフレッシュさを最大限に引 き出します。荒々しい地 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ラ・テラス・デリーズ

ドメーヌはテラス デリーズの中心、アニアーヌ村とサン・ジャン・ドゥ・フォの間に位置しており、1998年に創立されました。グザヴィエ・ブロジュは0.5ヘクタールのぶどう畑からスタートし、現在は14ヘクタールを所有しています。 ぶどう畑では グザヴィエのヴィジョンはシンプルで、「ぶどう畑がきちんと手入れされて美しければ、それがすなわちワインの味になる」という考え方です。彼はオーガニックとバイオダイナミックの原則に沿ったワイン造りを実践しています。 ワインの醸造 ぶどうは全て手摘みです。セラーではできる限り介入を控えています。熟成は古い木樽もしくはステンレススチールタンクで行います。古い木樽を用いることで非常に洗練されたタンニンが得られます。彼の造るワインは、果汁 ...

詳細を読む »