ケラーヌ


以下のワイナリーはケラーヌ産のワインを生産しています。


ドメーヌギヨブル

1954年、Pierre GUILLOT とJeannine GUILLOTがドメーヌを設立しました。1978年には息子のJean-Gérard Guillot がCreuzilleの地に戻り、妻と一緒にDomaine Guillot – Brouxを1ヘクタールからスタートさせました。今日では3世代目に当たるEmmanuel と Patrice Guillot がドメーヌを経営しています。 現在17ヘクタールに至るぶどう畑は3つの村に広がり(Creuzille、Grévilly、Chardonnay)、3つのアペラシオン(Mâcon、Mâcon Creuzille、Mâcon Chardonnay) ...

詳細を読む »

Domaine Julien Pilon

ローヌ流域で生まれ育ったジュリアン ピロンはMas Amiel (ルシヨン)、Terra Remonta (スペイン) 、 Jean Pierre Villa (ローヌ)といった有名なワイナリーで、10年以上をかけてワインの醸造を学びました。彼は2010年にワイン造りを始めた際、自身について土地を持たないワインメーカーと称しました。 “私のファーストヴィンテージの経験は忘れられないでしょう。ワインを造る場所や蔵が無く自分で両親の所有するガレージの真ん中に設置したのですから” ぶどう畑では 彼はネゴシアンとしてスタートし、ワインに必要なぶどうを非常に注意深く選んできました。その後1.5ヘクタールのぶどう畑から始め現在は自ら所有して ...

詳細を読む »

ル クロ デ サントネール

このドメーヌのプロジェクトは二人のワインメーカー(Luc Baudet と Bruno François)の出会いから始まりました。 テロワール ドメーヌが所有する7ヘクタールの畑は丘側にあり、土壌はヴィラフランシアン期の丸みのある小石です。 気候 ぶどう畑は自然保護地域である“Petite Camargue”から2キロに位置し、地中海からは20キロも離れていません。このロケーションのお陰で温暖な安定した気候となっています。ふたつの気流が交互に影響します。北からはミストラル、南南西からは温暖な風が吹くために夏の暑さが和らぎ、ぶどうの熟成がゆっくりと進行します。 農法 土は草に自然に覆われており、必要に応じ ...

詳細を読む »