シャトー ヌフ デュ パプ


以下のワイナリーはシャトー ヌフ デュ パプ産のワインを生産しています。


シャトー・ドゥ・ラ・フォン・デュ・ルー

La Font du Loup(狼の噴水)は、 Courthézon コミューン内のChâteauneuf-du-Pape の中心にある有名な地の真ん中に位置する、自然泉の名前に由来しています。その言い伝えによると、プロヴァンス地方の平原に続く道を作るためにVentoux 山の近くに住む狼にその泉の水を飲むのを止めさせたそうです。今日では、孫娘であるAnne-Charlotte Meliaが彼女の夫であるLaurentと農園を管理し、ワイン造りを行っています。「私は大樽から生まれたのよ」と私たちに言いました。「私たちの農園は丘の頂上に位置し北向きです。この立地と砂地(有名なChâteau Rayasに近い)からフレッシュでエレガント 、繊細さ ...

詳細を読む »

Domaine Decelle - Villa

オリヴィエ ドゥセルとピエール‐ジャン ヴィラ(コート ロティ、サン-ジョゼフそしてコンドリューでワイン造りを手掛ける才能溢れる若者達)は、ニュイ‐サン‐ジョルジュの歴史的建造物(1880年)にセラーを構えました。
彼らの所有する5ヘクタールに広がるぶどう畑はブルゴーニュ ブラン、ブルゴーニュ ルージュと
サヴィニー レ ボーヌのアペラシオンを持ち、また、ブルゴーニュ最良の区画から収穫されてくるぶどうも選別して使用しています。

マス サン ルイ

ワイナリーは100年以上も前に家族の所有していた土地を基にジャン ルイ ジーニェストにより設立されました。18世紀以来代々ローヌ渓谷で樽の作り手として知られてきた一族です。彼の仕事は息子のルイと孫のジャン(高名な弁護士で法学博士)に引き継がれ、現在はジャンの妻、モニク ジーニェストが経営を任され、30ヘクタールを超す美しく均整の取れたぶどう畑が広がっています。 モニクは土壌の力を引き出すこととワインの熟成に特に力を注いでおり、マチュー フォリ グレポとヴァンサン トラミエが彼女の経営を手助けしています。 ぶどう畑では アペラシオンの南部に広がるぶどう畑は、リューディ“Crousroute”と“La Lionne” ...

詳細を読む »