ラングドック


以下のワイナリーはラングドック産のワインを生産しています。


クロ・デュ・セル

Sébastien Fillon氏は、Louire地方出身で、エンジニアとして働いていました。30歳で転職をし、ワイン生産者となり、2006年にSébastienとその妻の BéatriceでTerrasses du Larzacのアペラシオンにある比較的新しいDomaine le Clos du Serresを購入。‘Serres’はプロヴァンスの方言で「丘」を意味します。この昼間と夜の温度差が大きいことによって、ブドウはゆっくりと熟成し、コンプレックスさと酸を増してい。Clos du Serresは果実味とフレッシュさを生かしたワイン造りをしている。 テロワール  「多様で、乾燥し ...

詳細を読む »

ドメーヌ・エグ・ベル

ドメーヌ・エグ・ベルは1870年に創設されました。2000年になる直 前、ジル・パラタン氏は戦時中からの家族農園としての地元の農 協にブドウを売る代わりにそのブドウからワインを産出する為、2人 の甥であるパトリックとティエリーの助けを借りることを決めました。毎 年のブドウの収穫後、ジルはワインの品質を絶え間なく改良し続け ています。彼の持っている樹木の一部はAOCに分類されるが、 より自由な生産方法を求め、敢えてペイドックIGPを選びました。 彼のワインへの成功は、ジルは常にチームワークを大切にし、各チーム のメンバーへの配慮を怠らずに行うことに重きを置いています。ジ ルは南フランスで他の生産者は使っていない新しいオーク樽の使い 方、年代物のワイ ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ラ・テラス・デリーズ

ドメーヌはテラス デリーズの中心、アニアーヌ村とサン・ジャン・ドゥ・フォの間に位置しており、1998年に創立されました。グザヴィエ・ブロジュは0.5ヘクタールのぶどう畑からスタートし、現在は14ヘクタールを所有しています。 ぶどう畑では グザヴィエのヴィジョンはシンプルで、「ぶどう畑がきちんと手入れされて美しければ、それがすなわちワインの味になる」という考え方です。彼はオーガニックとバイオダイナミックの原則に沿ったワイン造りを実践しています。 ワインの醸造 ぶどうは全て手摘みです。セラーではできる限り介入を控えています。熟成は古い木樽もしくはステンレススチールタンクで行います。古い木樽を用いることで非常に洗練されたタンニンが得られます。彼の造るワインは、果汁 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ル・コント・デ・フロリス

エステート ル コント デ フロリスは 2000 年に設立された約 7.5 ヘクタールの小さなエステートです。 5.3 ヘクタールが赤ワイン用のぶどう、2.2 ヘクター ルが白ワイン用のぶどう、主にカリニャン ブランが栽 培されています。 畑でもセラーでも化学薬品は一切使用しておら ず、二酸化硫黄と酵母の使用は最小限にとどめ ています。  ダニエルとカトリーヌ ル コント デ フロリス コンピューターサイエンスの教授職の後、 "La Revue du Vin de France" (RVF)というワイン専門雑誌で編集長のア シスタントを 4 年務め、ワインの熱烈な愛 好者であるダニエルはボーニュ(ブルゴーニ ュ地方)での研修を終え、200 ...

詳細を読む »