コート デュ ルシヨン


以下のワイナリーはコート デュ ルシヨン産のワインを生産しています。


クロ・デル・レイ

Jacques Montagneは2001年Clos del Reyをスタートさ せました。彼の祖父母はモーリで家業としてテーブル ワインづくりをしていました。息子のJulienは Mas Amielで働いていましたが,昨年彼のところに合流 しました。高台にある農園で育つブドウはフレッシュさ を保ったまま乾燥します。古いブドウの樹と繊細な 作業により、ヴィンテージ間の差をなくし均質なワイン を作り出しています。Clos del Reyはリッチでパワフル、 凝縮感がありながら熟しすぎないといったバランス があるのです。

クロ・デ・フェ

"私はルーションにおいて最高のワインに匹敵するもの ができるという夢を持っていました。今やその夢 は現実のものとなりました» 以前はレストラン店主でワインライターであったHervé BizeulはVingrauの北方で、驚くほど岩の多い、し かし粘土質石灰石が通っている土地で完全なブド ウ栽培を貫きました。加えてフルーツの生育に優しい 環境を加えることで、彼はルーションの象徴たるワイン を作り出しました。さらにリッチで地中海的なフルーティ さというものを追求しています。" ドメーヌ ガリッグと呼ばれる地中海特有の乾燥地帯の片田舎、干からびた低 い石塀が取り囲むル・クロ・デ・フェの地は、まるで絵葉書から飛び出 してき ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ダンジュ・バネッシー

Domaine Danjou‐BanessyはRivesaltesから2,3キロ離 れたEspiraにあり、10年前にBenoit が父親から相続 するまでは酒精強化とランシオワインを専門につくってい ました。彼の弟、SebasHenは英語の先生でしたが5 年前から, ドメーヌに加わりました。彼らはカリニャン・グリと いった地元のブドウの古木から、ドライな白と赤のワイン を作り出しています。この土壌は化学肥料とは無縁 です。彼らの父と祖父はほかに誰もやっていなかっ たころにビオスタイルでした。セラーにおいてもできるだけ 自然にしています。 BenoitとSebasHenはカタランの人 間ですが、偉大なワインを求めてルーションに世界から集 まってきた人たち皆と友達です。伝 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ル・ロック・デ・ゾンジュ

ロック デ ザンジュは2001年2月に創設されました。石英鉱脈上に植えられた一本のカリニャンの樹が名前の起源となっています。ブラックシスト(黒色片岩)に囲まれた白い土壌:ここの<リュー・ディ(土地区画)>は’ロック ブラン’と呼ばれており、白い岩(ホワイトロック)を意味します。エンジェルを石英鉱脈土壌のシンボルに見立て、Roc Des Anges (エンジェルの岩)となりました。 テロワール  ぶどう畑は非常に古いシスト(7億5000万年前の片岩)の上に広がっています。純粋な粘土層が圧縮されたために、柔らかくて薄片状にはがれやすいという特徴があります。岩盤の厚さは1メートル未満。非常に脆いので、ぶどうの樹が根を張るには最適な条件となり、6月 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・トリブレー

ドメーヌは2002年にアペラシオン ラトゥール・ドゥ・フランスに8ヘクタールの畑で創立されました。 今日ではアペラシオン コート・デュ・ルシヨン・ヴィラージュラトゥール・ドゥ・フランスに13ヘクタールのぶどう畑を所有しています。 テロワール ペルピニャンの近くに位置し、土壌は乾燥し石が多い。 ぶどうの木 ぶどう品種:カリニャン、グルナッシュ、シラー、マカブ、グルナッシュ・グリ。40%の木が樹齢30年、中には樹齢50年、70年の木も存在します。 ワインの醸造 ドメーヌを設立した当初より、ぶどう畑とワイナリーでは化学物質を排除し、自然の力を活かした醸造を行っています。収穫時期のぶどうは、みずみずしく素晴らしい出来なので、ジャン-ルイは醸造過程で極力介入せ ...

詳細を読む »

ヴォルフベルジェ

1902年、エギスハイム村に誕生したアルザス初の農業共同組合。 アルザスで最も大きな農業共同組合の1つです。
7つのぶどう品種から作られるアルザスワインとグラン・クリュ (特級ワイン)だけでなく、クレマン・ダルザス(発泡性ワイン) や蒸留酒の製造・販売も行っています。