セパージュについて

 セパージュ株式会社

 

本社所在地:  〒106-0045 東京都港区麻布十番1-8-11 タカデン麻布十番ビル3F

設立:        2008年3月

事業内容:    ワイン等の輸入卸売業

資本金:      26,400,000円

代表取締役:  河野 芳隆


 

COO: Yves RINGLER 

 

2010年、南フランスの39のワイナリーから116種のワインの日本での独占販売権を取得し、南フランスに特化したワインの輸入卸売販売を行う会社として設立されました。弊社のワインは、すでにジョエル・ロブション、トロワグロ等フランス三ツ星レストランをはじめとする多数の著名レストランおよびホテルで取り扱われております。

 代表を務める河野は、日米の著名な金融機関でM&Aやプライベート・エクイティに関する業務に携わり諸外国との交流を深めるとともに、ワインについての造詣も深めてきました。リーマンショックを機に日本ソムリエ協会の資格を取得し、南フランス、ニーム地方のワイナリー、「シャトー・マス・ヌフ」のオーナーであるイヴ・ラングレー(Yves Ringler)と共に、セパージュ株式会社(旧社名:W Lagrange)を設立しました。

 

ラングドック・ルーション、ローヌ地方をはじめとする南フランスの生産者による自然派、ビオワインの輸入・販売を行っています。

 

 

南フランスのワイン ~ New wines from the old world ~

 

南フランスといえば世界のあこがれの地です。一方ワインの世界では古くからたくさんのワイン造りが行われてきたものの、その評判たるや他の地方の後塵を拝してきました。ブドウにとっても恵まれすぎた土地であったのかも知れません。

 最近こうした状況が一変してきました。多くの情熱を持った作り手がこの地方の中でも険しい環境に進出し、それぞれが味わいの異なる個性溢れるワインを生み出してきています。険しい自然と造り手の情熱が、ワインに圧倒的な深みと複雑性を与え、数々のすばらしい自然派、ビオワインを生み出しているのです。南フランスのワインはコストパフォーマンスに優れたファッショナブルなワインとして、今やフランスにおいてもボルドー・ブルゴーニュをしのぐほどの人気で、世界の新たなトレンドを作り出しています。