ローヌ (南)


ローヌ (南) ワイナリー


シャトー・ドゥ・ラ・フォン・デュ・ルー

La Font du Loup(狼の噴水)は、 Courthézon コミューン内のChâteauneuf-du-Pape の中心にある有名な地の真ん中に位置する、自然泉の名前に由来しています。その言い伝えによると、プロヴァンス地方の平原に続く道を作るためにVentoux 山の近くに住む狼にその泉の水を飲むのを止めさせたそうです。今日では、孫娘であるAnne-Charlotte Meliaが彼女の夫であるLaurentと農園を管理し、ワイン造りを行っています。「私は大樽から生まれたのよ」と私たちに言いました。「私たちの農園は丘の頂上に位置し北向きです。この立地と砂地(有名なChâteau Rayasに近い)からフレッシュでエレガント 、繊細さ ...

詳細を読む »

シャトー・マス・ヌフ

Château Mas NeufはCostières de Nîmesの南端に ある特別な場所です。日当たりはラングドックやプロ バンスと同じですが、海風がワイン栽培にメリットとなっ ています。予想外の冷涼さがまさに特異な点で、 情熱家のオーナーLuc Baudetにより、“Rhône paradox” と呼ばれているのです。さらに良いテ ロワールにも恵まれ、10年に満たないのに大きな発 展を遂げています。「マス・ヌフを単なるCosHères de Nîmesのワインとしてではなく、ローヌの偉大なワインに したい」とLucは言います。マス・ヌフを味わっていた だければ彼の崇高 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ボワソン

Domaine BoissonはCros de Rometを管理する, AlainとBoisson を担当するBrunoの兄弟によって 所有されています。Brunoは愉快な男で菅、凄腕 のワインメーカーでもあります。ブルゴーニュで学んだ 後、オーストラリアで1年を過ごしました。シャトーヌフの有 名な醸造家Philippe Cambieのアドバイスを受け、フィ ネスと凝縮感のバランスの取れた偉大なワインを作り ます。コストパフォーマンスの素晴らしく良い Cairanneの 中でも優れた作り手なのです。

ドメーヌ・デ・ゾンディーヌ

ドメーヌは2003年に創立され、ローヌ峡谷の南部サリアンガリグ台地に位置しています。57.5アールの土地には4つの異なるアペラシオンが存在し、ヴァケラスの3色(白・赤・ロゼ)が含まれます。2009年、正式にオーガニック農業の認定を受けました。 テロワール 7アールの土地は粘土質石灰岩で岩が多く、グルナッシュが十分にその特徴を表現できる土壌です。 ぶどう 2002年と2005年に最初の白ぶどうが植えられ、今では高品質のヴァケラスの白ワインが生産されています。日本で入手するのはかなり困難な状況です。ワイナリーではグルナッシュ(50%)、シラー(30%)を中心に、サンソー、ムールヴェードル、ルーサンヌ、ブールブラン、ヴィオニエ、グルナッシュ・ブラン、クラレットも栽 ...

詳細を読む »

ル クロ デ サントネール

このドメーヌのプロジェクトは二人のワインメーカー(Luc Baudet と Bruno François)の出会いから始まりました。 テロワール ドメーヌが所有する7ヘクタールの畑は丘側にあり、土壌はヴィラフランシアン期の丸みのある小石です。 気候 ぶどう畑は自然保護地域である“Petite Camargue”から2キロに位置し、地中海からは20キロも離れていません。このロケーションのお陰で温暖な安定した気候となっています。ふたつの気流が交互に影響します。北からはミストラル、南南西からは温暖な風が吹くために夏の暑さが和らぎ、ぶどうの熟成がゆっくりと進行します。 農法 土は草に自然に覆われており、必要に応じ ...

詳細を読む »

マス サン ルイ

ワイナリーは100年以上も前に家族の所有していた土地を基にジャン ルイ ジーニェストにより設立されました。18世紀以来代々ローヌ渓谷で樽の作り手として知られてきた一族です。彼の仕事は息子のルイと孫のジャン(高名な弁護士で法学博士)に引き継がれ、現在はジャンの妻、モニク ジーニェストが経営を任され、30ヘクタールを超す美しく均整の取れたぶどう畑が広がっています。 モニクは土壌の力を引き出すこととワインの熟成に特に力を注いでおり、マチュー フォリ グレポとヴァンサン トラミエが彼女の経営を手助けしています。 ぶどう畑では アペラシオンの南部に広がるぶどう畑は、リューディ“Crousroute”と“La Lionne” ...

詳細を読む »

位置情報