ラングドック


ラングドック ワイナリー


シャトー クティネル

1878年に設立されたアルボー商会は、ワインとスピリッツの分野に特化しながら20世紀にかけて発展を遂げました。1920年にシャトー クチネル(48ヘクタール)を購入し、1982年からボトリング事業を開始しました。 2000年以降はGéraud Arbeau と Anneがファミリービジネスを率いています。 ...

詳細を読む »

シャトー ペシゥ ルドン

“私は自分自身がラ クラプによって作られたと感じることが好きです。テロワールの力が私に謙虚でいることを教えてくれました。テロワールが全てを決め、その特徴を表現します。ワインメーカーは自然が与えてくれるものを一所懸命磨き上げようと努力する一人の職人に過ぎません。年が経つにつれ静謐さを身につけ、次第に、自分を取り巻く自然を尊重しなければならないと思うようになりました。そうして分かったことが、<自然を大切にしないということは、自分自身をも大切にしていない>ということです。そこで化学物質の使用をやめオーガニック農法へと切り替えたのです。今では自然公園に指定されている地域の真ん中にあるワイナリーにとっては当然の帰結でした。オーガニック農法の実践により土壌はよみがえり、ワインにバラ ...

詳細を読む »

クロ・デュ・セル

Sébastien Fillon氏は、Louire地方出身で、エンジニアとして働いていました。30歳で転職をし、ワイン生産者となり、2006年にSébastienとその妻の BéatriceでTerrasses du Larzacのアペラシオンにある比較的新しいDomaine le Clos du Serresを購入。‘Serres’はプロヴァンスの方言で「丘」を意味します。この昼間と夜の温度差が大きいことによって、ブドウはゆっくりと熟成し、コンプレックスさと酸を増してい。Clos du Serresは果実味とフレッシュさを生かしたワイン造りをしている。 テロワール  「多様で、乾燥し ...

詳細を読む »

ドメーヌ・エグ・ベル

ドメーヌ・エグ・ベルは1870年に創設されました。2000年になる直 前、ジル・パラタン氏は戦時中からの家族農園としての地元の農 協にブドウを売る代わりにそのブドウからワインを産出する為、2人 の甥であるパトリックとティエリーの助けを借りることを決めました。毎 年のブドウの収穫後、ジルはワインの品質を絶え間なく改良し続け ています。彼の持っている樹木の一部はAOCに分類されるが、 より自由な生産方法を求め、敢えてペイドックIGPを選びました。 彼のワインへの成功は、ジルは常にチームワークを大切にし、各チーム のメンバーへの配慮を怠らずに行うことに重きを置いています。ジ ルは南フランスで他の生産者は使っていない新しいオーク樽の使い 方、年代物のワイ ...

詳細を読む »

ドメーヌ・アラン・シャバノン

ドメーヌは1992年に創立され、2002年にオーガニック、2011年にバイオダイナミック農業をスタートさせました。 今日では17ヘクタールのぶどう畑を所有し、26年間で2,000本から55,000本へと生産量を伸ばしています。 テロワール トータルで17ヘクタールの農地は区画が5つの村に散在しており、そのおかげで様々な微気候と変化に富んだ土壌の恩恵を受けています。 <私のワインに対するヴィジョンは2つの言葉に集約できます― 繊細かつ上品な味わい。 他とは異なるワイン、真の個性を持つワインを追い求めているのです。 世界トップレベルのワインに匹敵し、極上の料理を引き立たせることのできるワインです。> ぶどう畑では ぶどう畑全体がバイオダイナミック農業の原 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ドゥ・セベンヌ

ブリジット シュヴァリエは独自のスタイルでワインを造るためにフォージェールにやって来ました。彼女の所有する11ヘクタールのドメーヌ(オーガニック)は短期間で南フランスの有名な生産者達の中でもリーダー的な地位を確立しました。 オー・ラングドック自然公園の中心フォージェールで、テロワールの質・ぶどう品種・立地(バランスのとれたワインを造るために北向き)・標高(中央山地のふもと、標高300メートル)等の条件を考慮し、自分の目的に合う区画を探し求め獲得してきました。 彼女はラングドックの地で、冷涼なテロワールのアペラシオンが育む繊細なフレーバーとスタイルの確立を望んでいます。地中深くに根を張ったぶどうの樹、非常に少ない収穫量、最良の状態に熟したぶどうの房を手摘みするなど ...

詳細を読む »

ドメーヌ・デュ・パ・ドゥ・レスカレット

ル・パ・ド・レスカレットはラルザック高原の地中海平野に隣 接しています。地中海の暖かさと北の山々の涼しさ の間にあるので、カリニヤン、グルナッシュ、シラーにとって理 想的な気候となっております。長い熟成期間を設け ることでバランスと酸を維持し続けます。ジュリアン・ゼル ノットとデルフィーヌ・ロッシーは2003年にワイナリーを手に入れ ました。彼はロワール渓谷のワイン醸造のコンサルティングと しての地位を確立しておりました。ジュリアンとデルフィー ヌは伝統的な方法でこの古い農園を耕作しています。 彼らはブドウの木への配慮から化学肥料を使わず 手作業で進めています。北斜面の石灰石の農園で 地中海の気候を取り入れてフレッシュさを最大限に引 き出します。荒々しい地 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ラ・テラス・デリーズ

ドメーヌはテラス デリーズの中心、アニアーヌ村とサン・ジャン・ドゥ・フォの間に位置しており、1998年に創立されました。グザヴィエ・ブロジュは0.5ヘクタールのぶどう畑からスタートし、現在は14ヘクタールを所有しています。 ぶどう畑では グザヴィエのヴィジョンはシンプルで、「ぶどう畑がきちんと手入れされて美しければ、それがすなわちワインの味になる」という考え方です。彼はオーガニックとバイオダイナミックの原則に沿ったワイン造りを実践しています。 ワインの醸造 ぶどうは全て手摘みです。セラーではできる限り介入を控えています。熟成は古い木樽もしくはステンレススチールタンクで行います。古い木樽を用いることで非常に洗練されたタンニンが得られます。彼の造るワインは、果汁 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ル・コント・デ・フロリス

エステート ル コント デ フロリスは 2000 年に設立された約 7.5 ヘクタールの小さなエステートです。 5.3 ヘクタールが赤ワイン用のぶどう、2.2 ヘクター ルが白ワイン用のぶどう、主にカリニャン ブランが栽 培されています。 畑でもセラーでも化学薬品は一切使用しておら ず、二酸化硫黄と酵母の使用は最小限にとどめ ています。  ダニエルとカトリーヌ ル コント デ フロリス コンピューターサイエンスの教授職の後、 "La Revue du Vin de France" (RVF)というワイン専門雑誌で編集長のア シスタントを 4 年務め、ワインの熱烈な愛 好者であるダニエルはボーニュ(ブルゴーニ ュ地方)での研修を終え、200 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・モンローズ

ドメーヌ モンローズはコスト家ファミリービジネスの成果です。300年以上にわたりワイン造りのノウハウを追求し続け、将来の世代へと確実に引き継ぐために愛情を持って働いています。ドメーヌ モンローズはコスト家ファミリービジネスの成果です。300年以上にわたりワイン造りのノウハウを追求し続け、将来の世代へと確実に引き継ぐために愛情を持って働いています。 家族のテロワール ドメーヌ モンローズは南フランスのラングドック地方、ペズナスと地中海から数キロメートルのところに位置し、ドメーヌの周辺におよそ80ヘクタールのぶどう畑を所有しています。 ドメーヌは50程の生産者からなる小さなアペラシオン:コート ドゥ トングに属しています。 このアペラシオンの生産者達は個性的なワインを造る ...

詳細を読む »

ドメーヌ・サン・シルヴェストル

ソフィーとヴァンサン・ギザールはアニアンヌ村の北、アペラシオン テラス・デュ・ラルザックの標高320メートルを超える地域に8ヘクタールの畑を所有しぶどうを栽培しています。森の中の小さな礼拝堂(12世紀に建立、ローマ様式)を取り囲むように3区画の畑が存在します。 テロワール ヴァンサンは2000年に荒地の開墾を始めました。シャトーヌフ・デュ・パプのように丸石が転がる土壌で南東向きなので、シラー・グルナッシュ・ムールヴェードルの栽培には最適です。 ぶどう畑では 彼らは自然環境に気を配り、自然を尊重しながらぶどうを栽培しています。 ワインの醸造 赤ワインは伝統的な方法で醸造し、自生酵母を使用します。品種毎・畑毎に醸造。タンクで30~40日間寝かせた後、古い木樽に移 ...

詳細を読む »

Domaine Thierry Navarre

ドメーヌはラングドックの南部、有名なアペラシオン;サン・シニアンに位置しています。ワインの世界では例外的な存在とされ、今ではもう無くなってしまったぶどうを味わえるのはナヴァールのお陰なのです。 テロワール 12ヘクタールの土壌は茶色の結晶片岩で、周りを背の低い地中海独特の樹木やタイム、ガリグに囲まれています。ぶどうは自然や地球とそのサイクルを尊重して育てられています。 ぶどう AOPサン・シニアンのワインは、グルナッシュ・カリニャン・サンソーとシラーのぶどう品種ですが、今では殆ど忘れ去られたウィヤード(サンソーに近い品種)や リベランクといった品種も見られます。リベランクは最も古いワイン品種のひとつでフィロキセラ禍以前からラングドックに存在していました。 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ヴァントナック

シャトー・ヴァントナックのブドウ畑は、「ブラック・マウンテン」、カルカソンヌの北の山麓の丘陵地帯にある。ここの気候は地中海・大西洋の影響をどちらも受けるユニークな地域。アラン・ムレルは、クラシックなボルドーの品種と地中海ならではのシラー、グルナッシュ種をブレンドするワイナリーを1973年に設立した。彼の義理の息子(元コンサルタント)は農園やセラーに関する新しい考えを導入し、2009年に仲間に加わりました。フルーティーさが溢れる単一ブドウ種を瓶詰めした物からトップ・キュヴェの「マス・ヴァントナック」までそのワイン達はフレッシュで生き生きしていて楽しめるバランスがよい。

 

ドメーヌ・ゼリグ・キャラバン

ゼリジは、ブドウ畑がモロッコの陶製タイルのモザイクのよう  な地 形から来ています。キャラヴは外国人のたまり場(絹やスパイス 貿易の際の道すがらの宿屋)からきています。ゼルジ-キャラヴ のリュックとマリーは1999年にラングドック地方のセヴェンヌ山脈の麓 にある小さな村、コルコンヌに3ヘクタールのブドウ栽培を始めまし た。ゼリジ-キャラヴは所有者と言う第二のキャリアと同様に次の 夢を実現させています。それは、リュック・ミシェルの妻であるマ リーは画家としてのキャリアを積んでいるので、自分の家族の 繋がりをワインの中に持たせたい、と言うこと。(そこで、ドメーヌ のドラマティックな他に類をみない、ラベルを描くことを任せること にしました。)今日 ...

詳細を読む »

ルスタル・ブラン

Claude Fonquerleはワインに関連する様々な仕事や、ぶどう栽培における経験を重ねた後、生まれ故郷の地、ラングドック地方ミネルヴァのラ リヴィニエールで2002年にドメーヌを設立しました。 テロワール 8 haのぶどう畑はカルカッソンヌとナルボンヌの間に位置しています。地中海から離れており、理想的なエコシステムの恩恵を受けています。ラ リヴィニエールには、ぶどうの病気は存在しません。ただし、ぶどうの成長時期に厳重に注意しなければならないのは‘うどんこ病’ですが、パウダー状の硫黄を用いた処置で完全に防ぐことができます。 ワイン醸造 手摘みでの収穫の後、伝統的な手法で醸造が行われます。プリマドンナには、コンクリート製ではなく500Lの大 ...

詳細を読む »

マス・シャンパー

Isabelle Champartと夫の MaBhieu1976年北フランス から St. Chinianにやってきました。彼らのワイナリー は8ヘクタールに立つ小さな小屋からスタートし、1988年 まではブドウを売却していただけでしたが、今では 16ヘクタールになってきました。かれらは絶妙な味わ いで、ピュアな素晴らしいワインを送り出していま す。シャンパールはムルヴェードルの好む険しい 崖、300メートルの台地に育つシラーやカリニャンからフルー ティかつアニマルやミネラル感を持ちながらエレガントなワ インとなっています。

プロ・ルカレル

プロ・ルーカレルとはオクシタンにある小さな岩の多い台地 を意味します。このドメーヌはJulia Hubrich(東ドイツ出 身)と Julien Gilという二人の若い情熱的なワインメー カーによって経営されています。ピレネー山脈近くのカ ルカソンヌの中世の城から2-3キロ離れたところに位置し ており、地中海の暖かな気候が大西洋の影響を受 けて少し和らいでいます。これがJulia と Julienがエ レガントで素晴らしいワインを作ることに一役かっていま す。彼らは自然と古木が好きでかつそれをリスペクトし ています。収量を抑え、土壌とブドウのフレッシュさを保 存すべく化学薬品は一切使用しません。

ロック・ダングラード

レミ・ペドレーノはとても興味深い人物です。珍しいことに、 今では熱心なワインラバーである彼ですが、それまでの 22年はワインとまったく触れ合う機会はありませんでし た。彼は1996年にほんの少しのカリニヤンのブドウ房から 1樽のワインを作り出しました。そして、1999年白いカード を与えたコート・ロティのリュヌ・ロスタンと共同経営を始めまし た。2002年に初めて自分のブドウの木からワインを作り 出したのです。彼のブドウ農園はオーガニック農法ですが バイオダイナミック農法ではありません。全て手摘みで防 腐剤は最小限の使用に留めています。彼はカリニヤンの ことをこう呼んでいます「これは素晴らしい変化を遂げ たラングドック地方のピノ・ノワールである」と。 ...

詳細を読む »

位置情報