ルーシヨン


ルーシヨン ワイナリー


クロ・デル・レイ

Jacques Montagneは2001年Clos del Reyをスタートさ せました。彼の祖父母はモーリで家業としてテーブル ワインづくりをしていました。息子のJulienは Mas Amielで働いていましたが,昨年彼のところに合流 しました。高台にある農園で育つブドウはフレッシュさ を保ったまま乾燥します。古いブドウの樹と繊細な 作業により、ヴィンテージ間の差をなくし均質なワイン を作り出しています。Clos del Reyはリッチでパワフル、 凝縮感がありながら熟しすぎないといったバランス があるのです。

クロ・デ・フェ

"私はルーションにおいて最高のワインに匹敵するもの ができるという夢を持っていました。今やその夢 は現実のものとなりました» 以前はレストラン店主でワインライターであったHervé BizeulはVingrauの北方で、驚くほど岩の多い、し かし粘土質石灰石が通っている土地で完全なブド ウ栽培を貫きました。加えてフルーツの生育に優しい 環境を加えることで、彼はルーションの象徴たるワイン を作り出しました。さらにリッチで地中海的なフルーティ さというものを追求しています。" ドメーヌ ガリッグと呼ばれる地中海特有の乾燥地帯の片田舎、干からびた低 い石塀が取り囲むル・クロ・デ・フェの地は、まるで絵葉書から飛び出 してき ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ダンジュ・バネッシー

Domaine Danjou‐BanessyはRivesaltesから2,3キロ離 れたEspiraにあり、10年前にBenoit が父親から相続 するまでは酒精強化とランシオワインを専門につくってい ました。彼の弟、SebasHenは英語の先生でしたが5 年前から, ドメーヌに加わりました。彼らはカリニャン・グリと いった地元のブドウの古木から、ドライな白と赤のワイン を作り出しています。この土壌は化学肥料とは無縁 です。彼らの父と祖父はほかに誰もやっていなかっ たころにビオスタイルでした。セラーにおいてもできるだけ 自然にしています。 BenoitとSebasHenはカタランの人 間ですが、偉大なワインを求めてルーションに世界から集 まってきた人たち皆と友達です。伝 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・デ・スラヌ

Soulaneという名前は地元の「南南東に向いた崖」と いう言葉に由来しています。今では Tautavelと Mauryに挟まれた石の多い崖に CathyとDaniel Laffiteが所有する18ヘクタールとなっています。それは 固く乾いた片岩そのものです。 Danielは「年に2足は ブーツをダメにしますよ」ジョークを言います。マーケティン グのためよりも哲学であるとしてオーガニックを採用して います。ブドウが地中の水分に達することができるよ うに多くの時間を使って土壌と戦っているのです。 「なにせここでは400ミリしか雨が降らなのですから」。 Daniel は、フレッシュで果実味のあるワインを求めている のです。

ドメーヌ・ラ・トゥール・ヴィエイユ

このドメーヌは1982年、二つのワインメーカー、Vincent CanHé家(Collioure)とChrisHne Campadieu家 (Banyuls‐sur‐Mer)が協力して設立しました。この 二つのカタランの家系は何代にもわたってワインに関 わってきました。彼らの農園の真ん中にある小さ な塔 “la ToureBe”はCollioure全体を見渡していま す。何十ヘクタールにもわたる農園は手作業により 細部にいたるで管理されています。低い乾燥した シストの壁と険しい坂によって農園は守られていま す。Tour Vieilleはユニークで素晴らしくバランスの取れ たワインを造り、圧倒的なリッチさいうよりもフルーツの 奥深さとそれを長 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ル・ロック・デ・ゾンジュ

ロック デ ザンジュは2001年2月に創設されました。石英鉱脈上に植えられた一本のカリニャンの樹が名前の起源となっています。ブラックシスト(黒色片岩)に囲まれた白い土壌:ここの<リュー・ディ(土地区画)>は’ロック ブラン’と呼ばれており、白い岩(ホワイトロック)を意味します。エンジェルを石英鉱脈土壌のシンボルに見立て、Roc Des Anges (エンジェルの岩)となりました。 テロワール  ぶどう畑は非常に古いシスト(7億5000万年前の片岩)の上に広がっています。純粋な粘土層が圧縮されたために、柔らかくて薄片状にはがれやすいという特徴があります。岩盤の厚さは1メートル未満。非常に脆いので、ぶどうの樹が根を張るには最適な条件となり、6月 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・レ・オンフォン・ソヴァージュ

ドイツ人のNikolausと Carolinは,都会での忙しい暮 らしの後、フランスで新たな人生をスタートさせる決意 をしました。 2001年Fiouの近く、Perpignanの北 30キロにあるドメーヌを購入しました。 彼らは、最初 の年にはセラーまで貸してくれたOlivier Pithonの助 けを得て出発させることができました。  テロワール  ぶどう畑は石灰石の土壌で、2 つの区画に集約されており、‘ガリ グ’と呼ばれる野生灌木のやぶに囲まれています。トータルで 12 ヘ クタール、そのうち現在 8 ヘクタールにぶどうが栽培されています。  ぶどう畑では 彼らの方針は土地を傷め ることなく耕 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・レ・テラ・ドゥ・ファゲイラ

ロック・デ・ザンジュのオーナーでもあるGallets家は2007 年小さなドメーヌ・ファゲイラを買収しました。Mas Amielの近くでワインづくりをしていたMarjorieの夫で あるStephaneにチャンスを与えたのです。この小さ なアペラシオンは大きなストラクチャーと味わいを有してい るからです。これらはポートに似た酒精強化ワインで すが、この3つのキュヴェには驚くばかりです。単な る酒精強化というだけではなく、フレッシュさとあざや かさ、ミネラル感を示しています。Stephaneはうまくテ イクオフし、成功への道を歩み始めたといえるでしょ う。

ドメーヌ・オリヴィエ・ピトン

Olivier Pithonは早くからワインに関わってきました。彼 の祖父はAnjouでワインを栽培していましたし、 Olivier が 4歳のとき、彼の長兄で有名なJo Pithonは、Layon の斜面に住んでいました。ボルドーでは.「楽しみ、バラ ンス、明るさに対する感性」を学び、職人としての腕を 磨いた後、OlivierはCalceに居を構え、そこでGerard Gauby氏に出会い、大きな刺激を受けました。彼らは、 全てのワインメーカーから羨望を浴びるブドウの性格と自 然をうまくバランスさせたワインづくりに成功したのです。 彼のゴールは土地のもつ可能性を最大限に引き出し ながら、将来にも健康な土地を残すといった環境に 配慮したワイン作りを行うことです。 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・トリブレー

ドメーヌは2002年にアペラシオン ラトゥール・ドゥ・フランスに8ヘクタールの畑で創立されました。 今日ではアペラシオン コート・デュ・ルシヨン・ヴィラージュラトゥール・ドゥ・フランスに13ヘクタールのぶどう畑を所有しています。 テロワール ペルピニャンの近くに位置し、土壌は乾燥し石が多い。 ぶどうの木 ぶどう品種:カリニャン、グルナッシュ、シラー、マカブ、グルナッシュ・グリ。40%の木が樹齢30年、中には樹齢50年、70年の木も存在します。 ワインの醸造 ドメーヌを設立した当初より、ぶどう畑とワイナリーでは化学物質を排除し、自然の力を活かした醸造を行っています。収穫時期のぶどうは、みずみずしく素晴らしい出来なので、ジャン-ルイは醸造過程で極力介入せ ...

詳細を読む »

ラ・ヌーヴェル・ドンヌ

モンペリエの生物学の学生でディジョンの醸造家で あったWilfried Walatは2007年、彼自身のドメーヌを 始めました。Done passのCalce村の近くに5ヘクター ルの古い農園を購入したのです。彼の農法はオー ガニックで、環境を大切にしています。ワイン造りはモ ダンで、まず冷えた状態で発行準備と抽出を行い ます。ブルゴーニュのMeo-CamuzetやJoblotで学ん だやり方をRoussillonのカリニャン、ムルヴェードルといっ たブドウで行っています。その結果、フレッシュかつエ レガントなワインを作り出しています。

ル・スラ

2001年、ジェラール・ゴービーはアグリー渓谷の高い場所に葡萄の樹を見つけます。(実際にはフヌイヤード地方に放置された葡萄の樹を見つけたのです。)彼はロイ・リシャールとマーク・ウォーフォールにそのことを打ち明け、一緒に事業を始めないかと持ち掛けます。考慮の末、ロイとマークは加わることを決意。こうしてスーラは2001年に創立され、その名声はここに端を発するのです。 フヌイヤード フヌイヤードはスペインへと続く古いルートで、カタロニアとラングドックの間に位置し、標高は1300メートルに達します。 地中海沿岸地方の気候(冬は温暖で湿度が高く、夏は暑くて乾燥する)と、ピレネー地方特有の山岳地の冷涼な気候の両方を兼ね備えています。 作り方 2001年の創業以 ...

詳細を読む »

マム・ディグリザ

ボルドーの地を後にしたDimitri Glipa氏は2005年 にFenouillèdesとして知られる高地で岩だらけ の乾燥した地域であるRoussillonのブドウ農園 に移動しました。このエリアの多くの有能なワイン 醸造家のようにMas Mudiglizaは、標高高で最 高の土壌において、強く、ミネラル感も豊富でコン プレックス、ピュア、フレッシュ、芳醇な古木からワインを 作りました。農法はオーガニックでDimitri氏は手作 業で耕しています。生産性は非常に低いもの の、彼が求める濃縮さ、コンプレックスさのレベルを 保つ唯一の方法なのです。Dimitri氏は、彼のワ インを非常にリーズナブルな値段で維持し続けてい ます。RVFが ...

詳細を読む »

位置情報