ロワール


ロワール ワイナリー


シャトー・ドゥ・フォス・セッシュ

非常に古いワイナリーChâteau de Fosse‐Sècheは13 世紀からロワールのBrossayに位置しています。1998 年から、Keller家により運営されてきました。 45ヘクタールに達する農地は有機農法で栽培され、 うち17ヘクタールはヒマワリ、アルファルファ、コスモスといった 野生の直物に囲まれて栽培されています。ブドウ の木は広く有機栽培され、ワインはリッチで複雑かつ バランスがとれており、有名なレストランや醸造家に買 い求められています。

クロ・デュ・レリュ

集計22ヘクタールは30種のプロットに広がる;クロ・ドゥ・レルは、botrytizedされたシュナン・ブランの甘いスタイルで有名なchaume村の近くに位置する。2008年に、クロ・ドゥ・レルは、ワインに対して情熱を注いでいた起業家Grégoire du Bouëxicと様々な世界のセラーで働いた農業エンジニア Thomas Carsinによって購入された。Thomasは、バイオダイナミクスを用いた実験を継続してクロ・ドゥ・レルを有機的に耕作する。アンジュ赤の種類(例えばカベルネ・フランなど)は暖かくてより乾いた環境に、ガメイとグロは、伝統的なシュナン・ブランに沿って広く栽培される。ほとんどの赤ワインは、クラスター発酵で、自然な酵母だけが使用される ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ドゥ・レール

ドメーヌ・ドゥ・レールは、2007年にFrédéric Sigonneau によって創立された。彼は、Chinonの近くのクラヴァンで、隣人の所有する有名なDomaine Baudryで数年間働き、それからスペインで2年、接木されていないぶどう園を彼の土地に戻る前にバイオダイナミクス農法で耕作した。彼の古いぶどうの樹は(平均樹齢50年)厳しい有機的アプローチで育てられる。そのスタイルは自然であり、少ない生産量と丁寧なブドウ栽培により、純粋なカベルネ・フランを造ることに集中している。彼のワインは明るくて、力強く、とても熟している。‘R’は、 ‘ Reviens-y’ (もう一度ワインを味見 ...

詳細を読む »

位置情報