ブルゴーニュ


ブルゴーニュ ワイナリー


ドメーヌアントワーヌオリヴィエ

ドメーヌ アントワーヌ オリヴィエは1967年に設立されました。アントワーヌに経営を引き継ぐ前まではエルヴェ オリヴィエがドメーヌを指揮していました。ぶどう畑では耕作を行い、環境に最大限配慮したうえで必要最小限度の農薬を使用する栽培方法を用いています。 12ヘクタールを所有しており、その大半は(7ヘクタール)は赤ワイン向けです。 自らの信念に基づき、真摯にぶどうと向き合い作業を行っていますが、決して自分を過度に重視しないように心がけています。 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・シュバリエ

Domaine Chevalierは、1850年にLadoix-Serrigny の完全な家族経営で引き継がれています。す べてのブドウ畑(Ladoix, Aloxe-Corton villages, Premier Cru, Grands Crus Corton-Charlemagne, Corton Le Rognet)は、Cote de Beauneに位置し ています。 Claude氏は1994年の父親の代から 素晴らしい緻密なワイン造りを受け継ぎいていま す。彼の娘であるChloe女史とJulie女史は現在 、彼を手助けしています。Claudeはまた、ブル ゴーニュ地方のワイン生産者協会の会長で もあります。すべての生産者が直面する環境 に優しく、適 ...

詳細を読む »

Domaine Decelle - Villa

オリヴィエ ドゥセルとピエール‐ジャン ヴィラ(コート ロティ、サン-ジョゼフそしてコンドリューでワイン造りを手掛ける才能溢れる若者達)は、ニュイ‐サン‐ジョルジュの歴史的建造物(1880年)にセラーを構えました。
彼らの所有する5ヘクタールに広がるぶどう畑はブルゴーニュ ブラン、ブルゴーニュ ルージュと
サヴィニー レ ボーヌのアペラシオンを持ち、また、ブルゴーニュ最良の区画から収穫されてくるぶどうも選別して使用しています。

ドメーヌ ヴァンサン ゴディエ

2009年、世界各地で働いた後、ヴェロニクとヴァンサン ゴディエはフランスに戻ってきました。彼らはニュイ サン ジョルジュの近く、ブーガンディに小さなワイン畑を購入しました。‘ラ シャルモット’に1ヘクタールのニュイ サン ジョルジュ、0.4ヘクタールのシャンボール ミューズィニーを所有しています。ワイン畑は、土壌と気候から最良の状態を引き出しながら、自然にそしてシンプルな方法で耕されています。畑の雑草を管理する時も、化学薬品の使用を避け土地の水分をコントロールし、土に備わった本来の生命力をうまく活用しています。人間が片時も目を離さず手をかけることで、ぎっしりと密度の濃い自然な果実を育むことができるのです。ヴァンサン ゴディエは、「我々はゆっくりと慎重にワイ ...

詳細を読む »

ドメーヌグワゾ

ギエム・ゴワゾは、ブルゴーニュ地方の<希望の星>の一人です。 周囲から深く尊敬を集める父、ジャン・ユグ・ゴワゾとともに、今日のブルゴーニュで最も価値の高いワインを造っていると言えるでしょう。あまり知られていないアペラシオンのワインですが、ビオディナミ農法を忠実に実践しており、その出来栄えは目を見張るほどです。 2014年、ギエムはシトリーのすぐ北、ビエヌ地方シャブリの土地の小さなぶどう畑(義理の父が1976年に植樹)を相続しました。 現在は、彼がビオディナミ農法及び伝統的な手法でワインを生産しています。果実はタンクで発酵させ、古い天然樽で熟成させます。この土地のエッセンスが若い才能によって見事に継承されているのです。 ...

詳細を読む »

ドメーヌギヨブル

1954年、Pierre GUILLOT とJeannine GUILLOTがドメーヌを設立しました。1978年には息子のJean-Gérard Guillot がCreuzilleの地に戻り、妻と一緒にDomaine Guillot – Brouxを1ヘクタールからスタートさせました。今日では3世代目に当たるEmmanuel と Patrice Guillot がドメーヌを経営しています。 現在17ヘクタールに至るぶどう畑は3つの村に広がり(Creuzille、Grévilly、Chardonnay)、3つのアペラシオン(Mâcon、Mâcon Creuzille、Mâcon Chardonnay) ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ペロー

ドメーヌ・ペローは、ラ・ロシュ・ヴィヌーズ村の理想的な場所に位置し、有名なソリュトレの奇岩とヴェルジッソンのすぐ近くにあります。秀逸なワインを目指す情熱がドメーヌの仕事を支えています。 テロワール ドメーヌ・ペローでは、シャルドネ、アリゴテ、ガメイそしてピノノワールを5つの村にわたって栽培しています。土壌は粘土石灰質泥灰土。人工的な処置を極力抑えており、近い将来には全てをオーガニック農法に切り替える方針です。その間にテロワールが本来持っている多彩な特徴が最も良い状態で保たれるように土を耕しています。 ワイン醸造 ぶどうとテロワールの豊かな特徴を最大限維持するために、ワインには何も加えません。ワインは区画ごとに醸造されます。ステンレススチールタンクとオーク樽の ...

詳細を読む »

位置情報