クロ・デュ・セル

「自分たちの生活を変えたいと思っていて、 南へ、まだ開墾する余地の残っている地方 へと移動したの」

「自分たちの生活を変えたいと思っていて、 南へ、まだ開墾する余地の残っている地方 へと移動したの」

Sébastien Fillon氏は、Louire地方出身で、エンジニアとして働いていました。30歳で転職をし、ワイン生産者となり、2006年にSébastienとその妻の BéatriceでTerrasses du Larzacのアペラシオンにある比較的新しいDomaine le Clos du Serresを購入。‘Serres’はプロヴァンスの方言で「丘」を意味します。この昼間と夜の温度差が大きいことによって、ブドウはゆっくりと熟成し、コンプレックスさと酸を増してい。Clos du Serresは果実味とフレッシュさを生かしたワイン造りをしている。

テロワール 
「多様で、乾燥した土壌、深水、Larzacの高地で夏の夜も冷涼な温度を保つ場所でも石灰石が太陽と密接に関わることにより、程よい太陽の光を浴びることの出来る非常に優れた気候、これらすべてが素晴らしいワインを作る要素となっています。」

ぶどう畑では 
この地の特性を守る為に土を耕し、 ぶどう畑に様々な昆虫がいることを 奨励しています。2016 年からは、 彼らのミツバチも畑に放たれました。 

ワイン醸造
ぶどうは手摘みされ、再び選別された後、大きなコンクリート円 錐台状のタンク、もしくは小さなガラス繊維製で、浮き蓋を備 えたタンクへ入れられます。 醸造の後、ワインはタンクで熟成されます。 

 

生産国

フランス

地方

ラングドック

アペラシオン

ラングドック, ラングドック ブラン, ラングドック テラス デュ ラルザック


フォトギャラリー



このワイナリーからのワイン


Clos du Serres Terrasse du Larzac blanc Saut du Poisson クロデュセール テラスデュラルザック ソデュポワソン

小さな噴火口に近い、赤結晶片岩と非常に珍しい古い’ruffes’と呼ばれる赤土壌から育った樹木。そこは、地元で’fish leap’(saut du poisson)として知られている。このキュベはとても香り高くミネラルが多い。

詳細 »
通常価格 ¥ 3,773
セール価格 ¥ 2,450