クロ・デュ・レリュ

集計22ヘクタールは30種のプロットに広がる;クロ・ドゥ・レルは、botrytizedされたシュナン・ブランの甘いスタイルで有名なchaume村の近くに位置する。2008年に、クロ・ドゥ・レルは、ワインに対して情熱を注いでいた起業家Grégoire du Bouëxicと様々な世界のセラーで働いた農業エンジニア Thomas Carsinによって購入された。Thomasは、バイオダイナミクスを用いた実験を継続してクロ・ドゥ・レルを有機的に耕作する。アンジュ赤の種類(例えばカベルネ・フランなど)は暖かくてより乾いた環境に、ガメイとグロは、伝統的なシュナン・ブランに沿って広く栽培される。ほとんどの赤ワインは、クラスター発酵で、自然な酵母だけが使用される。マセレーションは長く、樽、またはアンフォラで熟成。硫黄使用は最小限。彼らのワインは、土から最高の表現を得るために、情熱を持って念入りに作られている。

住所

49190 Saint-Aubin-de-Luigné

生産国

フランス

地方

ロワール

アペラシオン

アンジュ ブラン, アンジュ ルージュ


フォトギャラリー



このワイナリーからのワイン


Clos de l'Elu Anjou Magellan クロ デゥ レリュ マジェラン

ドライなシュナンが素晴らしく、2009年ヴィンテージのリッチさとピュアな酸とのバランスが口の中にフルーツとミネラリティをもたらしている。

詳細 »
通常価格 ¥ 6,150
セール価格 ¥ 5,000