ドメーヌ・ヴァントナック

シャトー・ヴァントナックのブドウ畑は、「ブラック・マウンテン」、カルカソンヌの北の山麓の丘陵地帯にある。ここの気候は地中海・大西洋の影響をどちらも受けるユニークな地域。アラン・ムレルは、クラシックなボルドーの品種と地中海ならではのシラー、グルナッシュ種をブレンドするワイナリーを1973年に設立した。彼の義理の息子(元コンサルタント)は農園やセラーに関する新しい考えを導入し、2009年に仲間に加わりました。フルーティーさが溢れる単一ブドウ種を瓶詰めした物からトップ・キュヴェの「マス・ヴァントナック」までそのワイン達はフレッシュで生き生きしていて楽しめるバランスがよい。

 

生産国

フランス

地方

ラングドック

アペラシオン

イジェペ ペイ ドック


フォトギャラリー