ドメーヌギヨブル

1954年、Pierre GUILLOT とJeannine GUILLOTがドメーヌを設立しました。1978年には息子のJean-Gérard Guillot がCreuzilleの地に戻り、妻と一緒にDomaine Guillot – Brouxを1ヘクタールからスタートさせました。今日では3世代目に当たるEmmanuel と Patrice Guillot がドメーヌを経営しています。

現在17ヘクタールに至るぶどう畑は3つの村に広がり(Creuzille、Grévilly、Chardonnay)、3つのアペラシオン(Mâcon、Mâcon Creuzille、Mâcon Chardonnay)を獲得しています。  畑は大部分が東向きの斜面に位置し最大限の日照量が得られ、ぶどうの成長にとって理想的な粘土質石灰岩の土壌に恵まれています。地質学上異なる構成の土壌ゆえに、それぞれのテロワールが独自の特徴を持ち、それがワインに反映されています。

ドメーヌは管理が行き届き、1991年以降オーガニック農業が保証されています。すなわち植物由来の農薬、自然な方法を駆使した寄生虫対処、耕作を行い、環境汚染の無い物質を使用することで、ワインにいかなる影響も残さないようにしています。

ウェブサイト

www.guillot-broux.com/en/

住所

42 Route de Martailly Lieu dit Le Pâquier 71260 Cruzille

生産国

フランス

地方

ブルゴーニュ

アペラシオン

マコン, マコン ヴィラージュ, マコンクルジーユ


フォトギャラリー



このワイナリーからのワイン