Roc des Anges Cotes du Roussillon Effet Papillon (ロク・デ・ザンジュ エフェ・パピヨン) 2016

Roc des Anges Cotes du Roussillon Effet Papillon (ロク・デ・ザンジュ  エフェ・パピヨン)

¥2,231

‘Effet Papillon’ (英:butterfly effect) はルシヨン地方のマルジョリ女史による、ファーストステップワインとしてミネラル、ピュアなとても状態のいい白ワイン。

カスタマーレビュー


まだレビューがありません

このワインについて


生産国 フランス
地方 ルーシヨン
アペラシオン コート デュ ルシヨン
ワイナリー ドメーヌ・ル・ロック・デ・ゾンジュ
ヴィンテージ 2016
ぶどうの品種 100% グルナッシュ・ブラン
人工コルク
容量 750ml
アルコール度数 13%
商品コード 16W105
その他 バイオダイナミック
在庫 在庫あり (97)

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

白い花、洋梨、マジパンの力強い香り、そのワインがグラスに注がれた時には、熟れたメロンやレモンバームの香りが加わる。その口当たりは非常に豊潤で滑らか、柑橘類で風味づけられたようなミネラル層の広がりを感じさせ、そのレイヤーがすっきりとした後味へと変化させていく。ミネラルをしっかり捕らえ、爽やかなフルーツの酸を生み出している。

ペアリング

帆立貝のグリル、ルッコラのサラダ、ローストチキン

生産情報


テロワール

赤粘土

ブドウ栽培

ゴブレ式仕立

 

醸造

ステンレススチールの大桶で6ヵ月間発酵、熟成。

ワイナリー


ワイナリー情報

ロック デ ザンジュは2001年2月に創設されました。石英鉱脈上に植えられた一本のカリニャンの樹が名前の起源となっています。ブラックシスト(黒色片岩)に囲まれた白い土壌:ここの<リュー・ディ(土地区画)>は’ロック ブラン’と呼ばれており、白い岩(ホワイトロック)を意味します。エンジェルを石英鉱脈土壌のシンボルに見立て、Roc Des Anges (エンジェルの岩)となりました。

テロワール
 ぶどう畑は非常に古いシスト(7億5000万年前の片岩)の上に広がっています。純粋な粘土層が圧縮されたために、柔らかくて薄片状にはがれやすいという特徴があります。岩盤の厚さは1メートル未満。非常に脆いので、ぶどうの樹が根を張るには最適な条件となり、6月にもたらされる渇水と暑い気候にあっても、元気を取り戻すことができるのです。

ワイン醸造と熟成
シンプルに徹することがルール、とはいえ、実践するのは一番難しいのです。観察し、味を吟味し、時を待ち、ワインがテロワールの特徴を最大限表現する方向へと導きます。
熟成はヴィンテージにより、求められる条件が異なってきます。ワインの多くはコンクリートの大桶で熟成されます:ワインが呼吸をし、果実味が蓄積されていくからです。木製樽での熟成は、硬く表情の乏しいワインから、柔らかく表情豊かなワインへと変貌させることができます。その為、彼らはブルゴーニュ産の高級樽(3年から5年もの)を中心に、新樽もいくつか購入しているのです。

Marjorie and Stephane Gallet
Marjorieは幼い頃からワインに関わってきました(彼女はコート・ロティの近くで育ちました)。北ローヌのYves CuilleronとPierre Gaillardの下での見習研修を通してモンペリエで資格を獲得しました。

このワインのレビューを書く