Chateau La Font du Loup Chateauneuf-du-Pape シャトーラフォンデュル シャトーヌフデュパプ 2017

Chateau La Font du Loup Chateauneuf-du-Pape シャトーラフォンデュル シャトーヌフデュパプ

¥6,700

在庫残りわずか

繊細でエレガント、ピュアな Chateau Raya の近くの砂地で作られたシャトーヌフ・デュ・ パップ。とても魅力的な 1 本! 

カスタマーレビュー


まだレビューがありません

このワインについて


生産国 フランス
地方 ローヌ南西
アペラシオン シャトー ヌフ デュ パプ
ワイナリー シャトー・ドゥ・ラ・フォン・デュ・ルー
ヴィンテージ 2017
ぶどうの品種 60% グルナッシュ, 20% シラー, 15% ムールヴェードル, 5% サン ソー 
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14%
商品コード 17R682
MLF yes
在庫 在庫残りわずか (20)

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

チェリーブランデー、埃っぽい土壌、潅木林、ドライフラワー のニュアンスを感じ、ミディアムボディーでエレガント、滑ら かな洗練された女性的なワイン。 

ペアリング

食用子牛のチョップ、ジロルダケ

生産情報


テロワール

砂 (サフラ) 

ブドウ栽培

管理農法、手摘み、ブドウを細かく選別 

醸造

茎をすべて取り去り、液体に浸し柔らかくし、毎日軽くエキス を抽出するように汲み出しを行いながら、コンクリートタンク で3週間発酵。グルナッシュはタンクとフードルを組み合わせ て、シラーはフランス製オーク樽とフードルで、ムールヴェー ドルは1/2ミュイ樽で14-16ヶ月間熟成させる。 

ワイナリー


ワイナリー情報

La Font du Loup(狼の噴水)は、 Courthézon コミューン内のChâteauneuf-du-Pape の中心にある有名な地の真ん中に位置する、自然泉の名前に由来しています。その言い伝えによると、プロヴァンス地方の平原に続く道を作るためにVentoux 山の近くに住む狼にその泉の水を飲むのを止めさせたそうです。今日では、孫娘であるAnne-Charlotte Meliaが彼女の夫であるLaurentと農園を管理し、ワイン造りを行っています。「私は大樽から生まれたのよ」と私たちに言いました。「私たちの農園は丘の頂上に位置し北向きです。この立地と砂地(有名なChâteau Rayasに近い)からフレッシュでエレガント 、繊細さが生み出されます。細部にまでこだわったワイン造りをし、余計な手は加えず冷温で中古のオーク樽を使用したワイン醸造を行っています。」

テロワール 
土壌の大部分は砂です。通常、砂は十分な 水量を含有し続けられない為、ぶどう畑と しては最適ではありません。しかし近くの 源泉が地下 50 メートル付近に表層水脈を作 り出し、必要に応じて灌漑を行うことがで きるのです。

ワイン醸造 
果実は手摘みし、選別し、傷がつかないよ うに小さな籠に入れます。 区画ごとに樽もしくはタンクで、土地固有 の酵母を使って発酵を行っています。

伝説
ドメーヌは天然の源泉の近くに位置し、ヴァ ントゥー山から狼が水を飲みに来ていまし た。そのことがドメーヌの名前の由来になっ ています:狼の泉。 

このワインのレビューを書く