Chateau de la Font du Loup Cote du Rhone blanc シャトーラフォンデュル コートデュローヌ ブラン 2018

Chateau de la Font du Loup Cote du Rhone blanc シャトーラフォンデュル コートデュローヌ ブラン

¥3,235

在庫残りわずか

フルーツフレーバーに溢れ、飲みやすい味わいを追求して造られたワイン。飲むと幸せな気持ちになります。 

カスタマーレビュー


まだレビューがありません

このワインについて


生産国 フランス
地方 ローヌ南西
アペラシオン コート デュ ローヌ
ワイナリー シャトー・ドゥ・ラ・フォン・デュ・ルー
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 50% グルナッシブラン、, 25% ヴィオニエ, 25% クレレット
ナチュラルコルク
商品コード 18W682
その他 オーガニック
在庫 在庫残りわずか (19)

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

ライチ、柑橘系の花、アプリコット、新鮮な花の香りにミントのニュアンス。ま ろやかな飲み口ときれいな酸味が調和し、程良いミネラル感が加わってい る。 

ペアリング

マッシュルームソース仕立ての白肉、魚料理、ハードチーズ 

生産情報


テロワール

砂(サフラ) 

ブドウ栽培

管理農法、手摘み、ぶどうを細かく選別 

醸造

 完全に除梗。ぶどうは別々に醸造し、ボトリングの前にブレンドする。マロラ クティック発酵は行わない。 

ワイナリー


ワイナリー情報

La Font du Loup(狼の噴水)は、 Courthézon コミューン内のChâteauneuf-du-Pape の中心にある有名な地の真ん中に位置する、自然泉の名前に由来しています。その言い伝えによると、プロヴァンス地方の平原に続く道を作るためにVentoux 山の近くに住む狼にその泉の水を飲むのを止めさせたそうです。今日では、孫娘であるAnne-Charlotte Meliaが彼女の夫であるLaurentと農園を管理し、ワイン造りを行っています。「私は大樽から生まれたのよ」と私たちに言いました。「私たちの農園は丘の頂上に位置し北向きです。この立地と砂地(有名なChâteau Rayasに近い)からフレッシュでエレガント 、繊細さが生み出されます。細部にまでこだわったワイン造りをし、余計な手は加えず冷温で中古のオーク樽を使用したワイン醸造を行っています。」

テロワール 
土壌の大部分は砂です。通常、砂は十分な 水量を含有し続けられない為、ぶどう畑と しては最適ではありません。しかし近くの 源泉が地下 50 メートル付近に表層水脈を作 り出し、必要に応じて灌漑を行うことがで きるのです。

ワイン醸造 
果実は手摘みし、選別し、傷がつかないよ うに小さな籠に入れます。 区画ごとに樽もしくはタンクで、土地固有 の酵母を使って発酵を行っています。

伝説
ドメーヌは天然の源泉の近くに位置し、ヴァ ントゥー山から狼が水を飲みに来ていまし た。そのことがドメーヌの名前の由来になっ ています:狼の泉。 

このワインのレビューを書く