L'Oustal Blanc Naick Acacia Blanc ルスタールブランナイクアカシア 2016

L'Oustal Blanc Naick Acacia Blanc ルスタールブランナイクアカシア

¥4,390

カスタマーレビュー


まだレビューがありません

このワインについて


生産国 フランス
地方 ラングドック
アペラシオン ヴァン ドゥ フランス
ワイナリー ルスタル・ブラン
ヴィンテージ 2016
クラウン(王冠)
容量 750ml
商品コード 16W032
在庫 在庫あり (77)

生産情報


ワイナリー


ワイナリー情報

Claude Fonquerleはワインに関連する様々な仕事や、ぶどう栽培における経験を重ねた後、生まれ故郷の地、ラングドック地方ミネルヴァのラ リヴィニエールで2002年にドメーヌを設立しました。

テロワール
8 haのぶどう畑はカルカッソンヌとナルボンヌの間に位置しています。地中海から離れており、理想的なエコシステムの恩恵を受けています。ラ リヴィニエールには、ぶどうの病気は存在しません。ただし、ぶどうの成長時期に厳重に注意しなければならないのは‘うどんこ病’ですが、パウダー状の硫黄を用いた処置で完全に防ぐことができます。

ワイン醸造
手摘みでの収穫の後、伝統的な手法で醸造が行われます。プリマドンナには、コンクリート製ではなく500Lの大きな木製のオープンタンクが用いられます。白ワインに関しても同様。

Claude と Isabel Fonquerle
クロードは、歩き出す前に既にワイン畑で遊んでいたそうです。 シャトーヌフ デュ パプのドメーヌ デュ ペール カボシュで10年間キャリアを積んだ後、コート デュ ヴァントゥのシャトーヴァルコンブにて、さらなる経験を重ねます。 そして生まれ故郷に帰り、同じくワインに情熱を傾けていた妻のイザベルと、ドメーヌの設立を決意しました。
南のワインの特徴を否定することなく、フルーティで繊細、ピュアで複雑なワイン造りを目指しています。個人的なバックグラウンドによりシャトーヌフ デュ パプの影響が潜在的に刻まれているとは言え、ブルゴーニュへの憧憬がドメーヌにおける原動力そしてフィロゾフィーとして重要な役割を果たしているのです。

« Oustal Blanc »の意味
オキシタン語で白い家を意味し、また同時にドメーヌの昔の所有者であり、40年間閉鎖されていた納屋でワインを造ることを許可してくれたBlanche夫人へのオマージュも込められています。
ラベル:三角形は安定、方針、決意のシンボルであり、日々の仕事とワイン造りにおいて追求していることです。 時の経過を表現するつむじ風とワインメーカーの手、ラ リヴィニエール村の12世紀ロマネスク様式の教会のアーチが描かれています。

 

 

このワインのレビューを書く