マス・デスパネ

ストーリー

80年代初頭、ドゥニ・アルマンはソミエール(ガール県)に近いマス・デスパネに移り住み、その地の古樹を保全し、テロワールに最適な白のぶどう品種を植樹しました。どのようなワインが表現できるのかに関心を寄せ、良いワインは良いぶどう畑から造られるという思いの下、ビオディナミ農法を選択し(AB 有機栽培認証とデメテール・ビオディナミ認証)、畑では除草剤等を用いず機械耕作を実施しています。

カーヴでの醸造作業は非常に自然な方法で行い、人の介入を極力抑えました。結果はアニエスとドゥニが望んだ通りの出来に!マス・デスパネのワインはそのテロワールを完璧に反映していました。赤ワインは爽やかで飲みやすい美味しさ、白ワインは軽やかでフレッシュに仕上がっています。

生産者
概要
住所 Chemin de Robiac 30730 Saint-Mamert-du-Gard
生産国 フランス
地方 ラングドック
アペラシオン I.G.P. セヴェンヌ, ラングドック, ラングドック ブラン
ワイナリーマップ
Chemin de Robiac 30730 Saint-Mamert-du-Gard

商品一覧

表示形式