back
New

Mas Saint Louis - Chateauneuf-du-Pape Blanc マス・サン・ルイ シャトーヌフ・デュ・パプ ブラン 2019

フランス, ローヌ渓谷

南ローヌの偉大な白ワイン。フレッシュさとフルーティーさの稀有なバランスが印象的。

生産国 フランス
地方 ローヌ渓谷
アペラシオン シャトー ヌフ デュ パプ ブラン
ワイナリー マス サン ルイ
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 80% グルナッシュ・ブラン 10% クレレット10% ルーサンヌ
¥9,150  (税込み)

南ローヌの偉大な白ワイン。フレッシュさとフルーティーさの稀有なバランスが印象的。

生産国 フランス
地方 ローヌ渓谷
アペラシオン シャトー ヌフ デュ パプ ブラン
ワイナリー マス サン ルイ
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 80% グルナッシュ・ブラン 10% クレレット10% ルーサンヌ
楽しみ方と保管方法

ペアリング

シーフード料理、甲殻類、カニ、ロブスター、寿司、刺身、鶏肉、豚肉、子牛肉、そしてアジア料理。

データ
クラウン(王冠)
容量 750ml
アルコール度数 13,5%
商品コード 19W891
在庫 在庫あり (47)
ワイナリー

ワイナリー情報

ワイナリーは100年以上も前に家族の所有していた土地を基にジャン ルイ ジーニェストにより設立されました。18世紀以来代々ローヌ渓谷で樽の作り手として知られてきた一族です。彼の仕事は息子のルイと孫のジャン(高名な弁護士で法学博士)に引き継がれ、現在はジャンの妻、モニク ジーニェストが経営を任され、30ヘクタールを超す美しく均整の取れたぶどう畑が広がっています。

モニクは土壌の力を引き出すこととワインの熟成に特に力を注いでおり、マチュー フォリ グレポとヴァンサン トラミエが彼女の経営を手助けしています。

ぶどう畑では
アペラシオンの南部に広がるぶどう畑は、リューディ“Crousroute”と“La Lionne”として知られています。周囲の環境を大切にしながら伝統的な方法や熟慮されてきた栽培方法を守っており、常に手仕事を優先しています。

テロワール
土壌は少々砂まじりで、丸い小石を含む段丘とこの土地特有のモラッセ地層から成り立っています。小石は昼の間プロヴァンス地方にふんだんに降り注ぐ陽光を蓄え、夜になるとその熱を放出し、ぶどうを最適な熟成の状態へと導きます。

ワインの醸造
手摘みで収穫を行います。
ステンレススチールタンクを用いて、ひと月にわたり醸造を行い、美しい色と全てのアロマを余すことなく抽出します。その後オークの大樽で長期間熟成させると、オーク材から良質なタンニンと複雑なアロマが存分に引き出され、“シャトーヌフ デュ パプ”特有のワインが完成します。マス サン ルイのグルナッシュはピノ ノワールに匹敵するほどエレガントかつ繊細であり見事なテクスチャーが特徴です。

マス サン ルイのグルナッシュはピノ ノワールに匹敵する程エレガントかつデリケートで、口に含んだ時の質感が何とも言えません。

カスタマーレビュー

まだレビューがありません